ポイントの貯め方 節約

サラリーマンが、ふるさと納税を簡単にできる方法

サラリーマンこそ、簡単にふるさと納税を活用できます。

ふるさと納税は聞いたことがあるけど、面倒くさい
確定申告しないとダメなの?
サラリーマンの収入しかないけど、できるの?
という疑問・心配があるかもしれません。

以前は、確定申告を行う必要がありましたが、2015年4月の制度改正のあとは、ワンストップ特例制度によって、特例申請書を提出することで、その確定申告をしなくても良くなりました。

ワンストップ特例制度を使えば、
①もらいたい特産品のある自治体を決めて、ふるさと納税する。
②寄付した自治体から送られてくる「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に記入して、
寄付先の自治体に返信する。
③ふるさと納税をした次年度の住民税が控除されます。

ふるさと納税を4年前から実施していますが、自分のお金では買わないような良質なお肉やカニ、イクラなどの特産品を美味しくいただいています。

こんなにお得な制度が、たった2000円負担だけで利用できます。
初めての方でも、簡単に始められますので、ぜひ今から活用しましょう。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、納税と記載されていますが、仕組みとしては寄付にあたります。法令で定められた寄付金なので、寄付をしたあとで、確定申告をすると、所得税の還付や住民税の控除が受けられます。

対象期間は、1月1日から12月31日の1年間に行った寄付が、その年の「寄付金控除」の対象です。

寄付上限額

独身又は共働きの場合
年収300万:27000円
年収400万:41000円
年収500万:60000円
年収600万:76000円
夫婦(配偶者控除を受けている)、高校生以上の子供がいる場合などは、控除額が変わります。上限額は、ふるさと納税のポータルサイトで簡単に計算することが可能です。
計算したい方は、こちらで確認できます。

ワンストップ特例制度の条件

確定申告せずに、ふるさと納税ができるワンストップ特例制度ですが、利用するには条件があります。
①1年の間にふるさと納税をおこなった先の自治体が5つまで
同じ自治体であれば複数回申し込んでも1自治体としかカウントされません

② ふるさと納税をした年の所得について、確定申告をする必要が無い
・高額の医療費を支払った場合(医療費控除)や住宅を購入したりリフォームしたりした場合
(住宅ローン控除)等
住宅ローン減税を受ける最初の年は必ず確定申告が必要です。
医療費控除も確定申告が必要です。ワンストップ特例制度を申請した後に、確定申告を行う
と申請内容は無効となるため、確定申告で控除を申請する時には、寄付金控除にふるさと納税額
を記載すれば、控除を受けることができます。

③給与が2,000万円を超える人

④2ヶ所以上から20万円以上の給与を得ている人
副業や株式売買を行っているなど
株式売買で、特定口座を使っていれば問題ありません。

ワンストップ特例制度の手続き

①ふるさと納税の返礼品やワンストップ特例申請書が届く
ワンストップ特例申請書のほうが申し込みから先に届くケースが多いです。1週間程度で届きます。

②ワンストップ特例申請書と個人番号の裏表コピーを自治体に郵送します。
申請書、返信封筒が同封されていますので、申請書に、ワンストップ特例制度の利用したい旨の
チェックと捺印をすればOKです。

必要書類として、
マイナンバーカード(通知カード)の表裏面コピー
身分証(運転免許証など)の表裏面コピー
を一緒に送れば手続き終了です。

提出締め切りは、ふるさと納税をした翌年1月10日ですので、忘れず返信しましょう。

ふるさと納税おすすめサイト

ふるさとチョイス

掲載数No.1のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」。全国1,788自治体、22万点以上の地域の名産品などから、選ぶことができます。検索して確認すると、他の楽天ふるさと納税は9万点、さとふるは7万点(2019年11月時点)でした。倍以上の選択肢があることは魅力的です。
多すぎて、何処に寄付をするか迷う場合には、
「ランキング」や「自治体の寄附金の使い道」などから寄附する自治体を選ぶこともできます。支払い方法も、クレカ払いをすることも可能です。

さとふる

Amazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。
現在は終了していますが、去年の12月15日から大晦日までの期間限定で「100億円還元キャンペーン」が始まりました。5,000円以上の寄付が対象で、寄付金額に対して3~10%分のAmazonギフト券が還元を実施しています。

2019年11月 現在行っているキャンペーンは、
①さとふるにて合計1万円以上寄付していただいた方の中から抽選で1,000名様にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント(2019年11月末まで)

②キャンペーン期間中に200文字以上のお礼品レビューを投稿!
Amazon ギフト券 500円分を抽選で200名様にプレゼント(2019年11月末まで)

特産品にプラスして、Amazonギフト券が欲しい方は、検討しても良いかもしれません。

楽天ふるさと納税

ダントツで、お勧めします‼️
理由は、2000円の自己負担分以上にポイントがもらえますので、実質0円でふるさと納税ができます。

楽天市場の通常購入と同じく扱いですので、、SPUやポイント5倍dayを併用して、ポイント10倍以上にすれば、2万円寄付で2000ポイント戻ってきます。

私は、毎年楽天ふるさと納税で行っています。
特産品は、お肉・海産物などの食品以外にも家電や旅行券などもありますので、欲しいものが見つからないということがありません。

まとめ

ふるさと納税は、自己負担2000円で全国の特産品が頂けます。
サラリーマンなら、寄付金上限額の計算は簡単です。

・ワンストップ特例制度を使って、お手軽にふるさと納税ができます。
利用条件に注意:1年の間にふるさと納税をおこなった先の自治体が5つまで

・ふるさと納税は、楽天ふるさと納税がおすすめです。
実質、自己負担0円で寄付可能です。

もし、ワンストップ特例制度に申し込みわすれても、確定申告で申告すれば、控除が受けられます。
また、ふるさと納税の還付を受けるだけであれば『還付申告』を行うことで申告ができますので、ふるさと納税をしてから5年間であれば、還付の申告ができます。

サラリーマンができる数少ない税金対策ですので、一度活用してみてください。さらに、届いた特産品を奥様やご家族に渡してあげると喜んでくれますので、一石二鳥です。

-ポイントの貯め方, 節約

Copyright© サラ得~サラトク~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.